会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら
ツイッター

デザイン書

手仕事/うつわ

bar

うつわ日和。

bar
うつわ日和。  
拡大
  • ■商品名:うつわ日和。
  • ■著者:祥見知生(写真と文) デザイン/亀井啓太
  • ■価格:1,980円(本体1,800円+税10%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-101-2
  • ■本のサイズ:B5判/一部モノクロ112ページ
  • ■発売日:2005-03-14
amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

人気作家の器への思いや、器と暮らす日々を、やわらかな写真と静かな文章で語りかける。器ファン必見の本。
器好きが一度は訪れてみたいと思う鎌倉の一軒家の器店・うつわ祥見。
ライターとしてインタビュー記事を書いていた著者が人気作家の工房を取材、その素顔、器への思いを伝える。
登場するのは雑誌「住む。」等でその暮らし方が紹介され注目を浴びる小野哲平、
若手実力女性作家として、いま最も手に入りにくい器の作り手と言われる長谷川奈津、
黒と白の器で脚光を浴び「クウネル」ほか数多く読者に支持される井山三希子など。
器の選び方、暮らし方をイラストと写真でわかりやすく紹介するページも読み応えは充分。
丁寧に暮らすことを大切に考える女性、やきものファン、器に興味のあるすべての読者に広く支持される器の本です。

目次

クリックすると表示されます
第1章 日々の器(めし碗


片口
どんぶり
お茶の器
小さな器)
第2章 うつわびと(生きるという器―小野哲平
静かな優しさを包む器―長谷川奈津
内なる声とともに―井山三希子 ほか)
第3章 器と暮らす(うちに器がやってきた
最初にどんな器を揃えるか
器の手入れは難しくない ほか)

著者プロフィール

北海道生まれ。ライターとしてインタビュー記事を中心に文章を書く。
2002年6月 鎌倉の住宅街に一軒家の器店 うつわ祥見をオープン、「こどものうつわ展」「かたちつむぐ展」などの企画展、作家の個展を中心に運営している。
2004年10月インターネットセレクトショップ「和と暮らし舎」を開設。

読者レビュー

amazonカスタマーレビューより一部転載
★★★★★
うつわの心
2013/02/18
カスタマーレビュー
数ある器の本とは違い、日々接している器のひとつひとつに心がこもっているんだなと、あたたかい気持ちになれ、その器たちを愛おしいと思えるようになる本です。
★★★★★
器を愛する心に感激しました
2013/02/18
カスタマーレビュー
鎌倉で器店を営まれている祥見さんの文章は、清清しく心がこもっていて和みます。小野哲平さんや長谷川奈津さんなど、気になる作家さんの素顔が感じられて、ますます器が好きになりました。器ってこんなふうに作られているんだ、と発見もたくさんありました。器への愛情が、本全体に伝わってきて、やさしい気持ちになれました。

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。