会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

デザイン書

デザイン

bar

家から生まれた17の話

bar
家から生まれた17の話  
拡大
  • ■商品名:家から生まれた17の話
  • ■著者:萩原百合 企画/萩原修 写真/岩谷みちほ イラスト/萩原すみれ デザイン/萩原尚
  • ■価格:1,728円(本体1,600円+税8%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-119-7
  • ■本のサイズ:四六判/一部カラー272ページ/図書館協会選定図書
  • ■発売日:2005-09-22
amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

小住宅ブームの火付け役となった、9坪の家・スミレアオイハウス。
その小さな家に暮らす著者が、家を通じて知り合った職人やデザイナーなど、様々なジャンルの「つくる人」と「もの」をインタビュー形式で紹介。
「つくる人」の、ものづくりに対する姿勢だけでなく、普段の生活ぶりや、知られざる素顔までもが垣間見える、等身大の暮らしの本です。
器や雑貨、家具など、生活まわりのものに関心の高い女性はもちろん、随所にちりばめられたコミカルな漫画によって、若年層でも充分楽しめる一冊。
また、17組の「つくる人」がこれまで歩んできた道のりがわかりやすく描かれているので、「13歳のハローワーク」的な側面もあります。

目次

クリックすると表示されます
谷 信雪さん/茅ヶ崎の自転車屋さん
梶本博司さん/発明好きなプロダクトデザイナー
さかいあつしさん さかいかよさん/東京・国立の匙屋さん
鈴木惠三さん/人間味あふれる家具屋の主人
小泉 誠さん/生活まわりのものをデザインする人
寺林省二さん/愛猫ヒジキ(♂)と暮らす建築家
真吉さん/生粋の木工家具職人
久保一幸さん/美しい竹の道具をつくる人
桐本泰一さん/輪島で「うるしぬりのもの」をつくる人
山口信博さん/祝儀包みなどの折形をデザインする人
上島明子さん(美篶堂ショップ・工房・ギャラリー店主)/本づくりの楽しさを教えてくれる人
林 裕輔さん 安西葉子さん 秦 直美さん(DRILL DESIGN)/三人組の若手デザイナー
瀬戸けいたさん 瀬戸なおよさん(9brand)/生き物をモチーフにした道具をデザインする夫婦
大治将典さん/家族思いのデザイナー
加納 武さん/美濃の紙漉き職人
信耕ヒロ子さん/籐で表現するアーティスト
黒畑 日佐代さん 吉田次朗さん 大村 剛さん/多治見の若き作陶家たち

著者プロフィール

萩原百合(はぎわらゆり)
1962年東京生まれ。
1999年より、最小限住居として知られる増沢洵自邸をリメイクした家「スミレアオイハウス」に暮らし始める。その後、家を介して知り合ったデザイナーや職人など、ものづくりに携わる仕事をしている人へのインタビューを開始。2002年より、建築家との家づくりウェブサイト「すまいと」のコンテンツ「9坪スタジオ」にて、取材記事の連載がスタート。今日に至る。
スミレアオイハウスの設計者・小泉誠氏の著書「デザインの素」、南雲勝志著「デザイン図鑑+ナグモノガタリ」、美濃の紙漉き職人を紹介した「かみのしごと」、桐本泰一著「いつものうるし」(以上、ラトルズ)などの編集を手がける。著書に「9坪ハウス狂騒曲」(マガジンハウス、知恵の森文庫)。
(本書より)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。