会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

デザイン書

住宅/建築

bar

再生(デザイン)する都市―リプラス howff テレデザイン

bar
再生(デザイン)する都市―リプラス howff テレデザイン  
拡大
  • ■商品名:再生(デザイン)する都市―リプラス howff テレデザイン
  • ■著者:リプラスhowff+テレデザイン フリックスタジオ/編集 Sonia Chow/ブックデザイン
  • ■価格:2,057円(本体1,905円+税8%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-123-4
  • ■本のサイズ:A5判/一部モノクロ160ページ
  • ■発売日:2005-10-17
amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

バブル時代に盛んに行われたスクラップ・アンド・ビルドはもう終わり。
今や、建築は再生する時代に入りつつあります。
戸建て住宅が改装されて、ビフォー・アフターの様変わりが感動を与えています。
そして、アパート、マンションも、中古物件をオシャレで豊かな空間に改造するのがトレンド。
さらに、オフィスやショールーム、ひいては街そのものでも再生するつくりかたが注目を集めています。
この本は、第一線で活躍する建築家と人気ファンド・マネージャーが行ったプロの仕事、建築の再生改修事例を紹介。「再生」のメリットや、うまく行うための技術が見えてきます。
再生空間を「デザイン」の力で蘇らせるのは、建築家。活躍中の30、40歳代若手建築家の名前の中に必ず挙げられるテレデザイン。
空間を再生させるための「資金をマネージメント」するのは、不動産ファンドのアセットマネージャー。見捨てられた建物に投資して人気物件に変貌させてしまうことで、業界から、今もっとも注目されているリプラスhowff。

目次

クリックすると表示されます
chapter 1 空間×つかい方
 case 1 howffice MOTOAZABU(ホフィス元麻布)――個の働き方を創造するフロア再生
 case 2 REN-BASE UK01 更新ワークスペース1――日々変化し続けるフロアシェアの方法
 case 3 オープンスタジオNOPE 更新ワークスペース2――常に進化し続けるフロアシェアの方法
 symposium 1 建築×金融=都市再生
chapter 2 建築×つくり方
 case 4 c-MA3[レジデンス]――活かす既存スペースの発見
 case 5 c-MA1――空間が担うストーリーを切り替える
 case 6 r-ST1――集合住宅の新陳代謝
 case 7 r-NP1 / r-AK1 / r-SN1――暮らしのシナリオから生まれる空間
 symposium 2 建築×不動産=都市再生
chapter 3 環境×かかわり方/かわり方
 case 8 c-MA3[エントランス]――人の流れを促進する装置
 case 9 c-MA2――更地幻想を超える地形のつかいかた
 case 10 電力館――都市のスクリーン・セーバー
 symposium 3 建築×街づくり=都市再生

著者プロフィール

田島則行(たじまのりゆき)
建築家・アーバニスト。1964年東京生まれ。工学院大学建築学科卒業。AAスクール大学院修了。93年に独立。96年には東京の三田にオープンスタジオNOPE設立。99年よりテレデザインを設立。Good Design賞・経済産業大臣賞(03年)。ディスプレイデザイン賞(04年)。設計デザイン活動の一方で、東京キャナルプロジェクトや日本橋・神田エリアにおけるCET等多岐にわたり活動。

松葉 力(まつばちから)
建築家。1967年福井県生まれ。91年芝浦工業大学大学院修士課程修了。武田光史建築デザイン事務所勤務後、99年MTB設立と同時にテレデザイン・コラボレーション設立に参画。横浜デジタルデザインコンペで優秀賞受賞(99年)。主な作品に「A-Complex」「廉庵」等がある。設計やデザイン活動の一方で、東京キャナルプロジェクトや日本橋・神田エリアにおけるCET等多岐にわたり活動。
(本書より)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。