会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら
ツイッター

デザイン書

手仕事/うつわ

bar

セツローさん

bar
セツローさん  
拡大
  • ■商品名:セツローさん
  • ■著者:祥見知生(写真と文)
  • ■価格:2,420円(本体2,200円+税10%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-127-2
  • ■本のサイズ:A5判/カラー80ページ+1色160ページ
  • ■発売日:2005-11-09
amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

一度会うと誰もがファンになってしまう、ものづくりびと・小野セツローさんを『うつわ日和。』の筆者が微笑ましく、愛情あふれる写真と、ほろりとくる文章で描いたこころあたたまる本。
大橋歩さんの別冊アルネ『うちで使っているキッチン道具』や『心地のよい道具で暮らしたい』『和風が暮らしいい』(主婦と生活社)などで紹介され、人気のものづくりびと・小野セツローさん。愛情あふれる作品とともに、今年七十六才になる、少年のこころを持ったセツローさんの魅力がぎっしりと詰め込まれたこころあたたまる本を『うつわ日和。』の筆者が書き下ろし。息子の人気陶芸家・小野哲平さんとのエピソードも紹介、老若男女を問わず読者のこころを包む、やわらかで、あたたかな一冊です。

目次

クリックすると表示されます
第一章 憧れを忘れない人
 憧れを忘れない人/かんざしと出合う/無邪気な声で/洋画家として/病にたおれて
第二章 かんざし
 かんざし/玉を選ぶ/ぼくの正しいやり方で/和紙の袋にあるもの/詩のある線で、描く
第三章 匙と箆
 手の跡を残して/ものづくりの原点/地の木目を生かす/道具のこと/箆をつくる/気持ちのよいものをつくりたい/記憶の糸巻き
第四章 土人形
 笑顔がつながる仕事/土をこねてかたちづくるもの/祈りの土人形/内側から聞こえてくるもの/干支人形
第五章
 家族との時間 仕事が暮らし 暮らしが仕事/木の玩具 大鯰/木の家鴨/手をつなぐ
第六章
 インタビュー 人と通じ合うこと/少年のこころをもって/松山散歩/神様からの贈り物

著者プロフィール

祥見知生
本の企画・編集、インタビュー記事を中心に文章を書く。
ゴンチチ・チチ松村初のエッセイ集を編集。
2002年6月 鎌倉「うつわ祥見」をオープン、「こどものうつわ展」「うれしい小皿展」などの企画展、作家の個展を中心に運営している。
2004年10月インターネットセレクトショップ「和と暮らし舎」を開設。
著書に『うつわ日和。』(ラトルズ社)がある。
(本書より)

読者レビュー

amazonカスタマーレビューより一部転載
★★★★
こんなにも愛らしくかっこいいじいさんがいるなんて!
2013/02/18
カスタマーレビュー
なんとも味のある題字に惹かれて購入しました。この題字は、この本の主人公である小野セツローさんの手によるもの。セツローさんは、文字から受ける印象にたがわず、かなりかっこいい! ユーモアと愛嬌、そして誰かの評価ではなく自分自身の感性を大切に生きている。かんざしや匙など、セツローさんの手になる作品の写真も美しく、また、家族とくつろぐセツローさん自身の顔がいい! お会いしたこともないのに、なんだかとってもいとおしい人に出会ってしまった気分。いつの日かセツローさんの作品に、そしてできることならセツローさんご本人にお会いしてみたい。

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。