会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

デザイン書

暮らし

bar

辛酸リノベーション

bar
辛酸リノベーション  
拡大
  • ■商品名:辛酸リノベーション
  • ■著者:小森知佳 編集/藁科裕里 デザイン/sign 写真/和田裕也 イラスト/竹村哲人 プロデュース/萩原 修
  • ■価格:1,836円(本体1,700円+税8%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-154-8
  • ■本のサイズ:A5判/一部カラー160ページ
  • ■発売日:2006-04-24
amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

公園近くの古い小さな一軒家を買った夫婦。
そこからが苦労のはじまりだった。
相性の悪い建築家と改築のための設計のことで格闘、なんとか着工にこぎつけるが、すぐに工務店が倒産。ついに建築家とは決別し、裁判ざたに。
しかし、心優しいデザイナーに救われて、再起をかけて、リノベーションを完工。
お金が足りない分は、DIYでなんとかして、ようやく満足のいく住まいを手にいれる。
住宅の取材も数多く手がけるフリーライターの七転び八起きの家をめぐる生々しい奮戦記。他人事ではない住宅の取得をめぐるあれこれを読まずして住宅を手にいれるのは危険かもしれない。

目次

クリックすると表示されます
プロローグ ことの始まり
第1章 中古住宅が理想の住まい
第2章 迷走する建築家との家づくり
第3章 仰天! 工務店が倒産
第4章 1年におよぶ訴訟の顛末
第5章 再起をかけるという決断
第6章 最小にして最善のプラン
第7章 DIYでリノベーション
エピローグ 暮らしてみれば

著者プロフィール

小森知佳(こもり ちか)
フリーランスライター。
1969年、和歌山県生まれ。
印刷会社、編集プロダクション勤務を経て、1999年独立。
インテリアや着物をテーマに女性誌などで活躍。
現代にあった和の暮らしを追求する日々。
共著にコロナブックス『茶の湯のススメ』(平凡社)。
(本書より)

読者レビュー

amazonカスタマーレビューより一部転載
★★★★★
事実は小説よりおもしろい
2013/02/18
カスタマーレビュー
これは物語である。

著者の家作りの体験は苦難の連続。それを乗り越え、手に入れた家の写真からはシンプルな美しさとともに何とも形容しがたい奥行きが感じられる。

それは光の陰翳によるものだけでなく、この家の物語に登場する様々な人との出会いや著者の強い思いと潔さによるのではないだろうか。

事実は小説よりおもしろい!これは家作りという「愛と感動」のものがたりである。
★★★★
家作りのまえに必読!
2013/02/18
カスタマーレビュー
デザイナーハウス、なんて言葉が浸透したり、
テレビ番組の影響もあって、リノベーションが市民権を得てきた。
使い勝手の悪い我が家、築年数の長さがネックの売り物件を
「なんとかしたい」と悩んでいると、
有名建築家とか、一流デザイナーなんかの「匠」に頼めたらと
思う人は多いはず

だからこそ、今こそ、こんなリアルな体験が大事になっているのだと思う

家は高い買い物。
だからこそ、慎重に。そして、自分の意志やフィーリングに正直に。

自分の「こうしたい」を家そのものだけじゃなく
建築家との家作りのプロセスにおいても重視することの大切さを
身をもって知った著者の体験は
家だけじゃなく、さまざまな人生設計に
大事なヒントを与えてくれると思います

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。