会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら
ツイッター

デザイン書

ノンジャンル

bar

道具学叢書002 首から上の道具学 〜身につける道具の一〇〇年〈1〉

bar
道具学叢書002 首から上の道具学 〜身につける道具の一〇〇年〈1〉  
拡大
  • ■商品名:道具学叢書002 首から上の道具学 〜身につける道具の一〇〇年〈1〉
  • ■著者:山口昌伴 企画・編集/道具学叢書委員会 デザイン/山口信博+大野あかり 編集協力/スタジオ・コマキ
  • ■価格:2,160円(本体2,000円+税8%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-204-0
  • ■本のサイズ:A5判/1色224ページ
  • ■発売日:2007-11-30
amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

頭のてっぺんから足の先まで、
身につける道具の一〇〇年史・第一部。
着ているものを替えると人が変わるように、身につける道具を替えても人は変わります。
この百年、身につける道具はずいぶんと変わってきました。たとえば江戸時代までは時間を知る道具を身につけることはありませんでしたが、明治・大正期期になると、紳士たちは懐中時計を胸にしのばせはじめます。昭和にはいると、腕時計が手首に定着します。それもアナログからデジタルの時代に移行した平成の現在では、さしずめ多機能ケータイでしょうか。こうした流れにおいて、人の気持ちもきっと変わってきたはずです。
本書では、毎日のように手にとり身につける道具の変遷によって、日本人の人となりがどのように変化してきたかを見つめていきます。「頭のてっぺんから足の先まで」、今回はその第一部として、「首から上の道具」の世界を探索します。

目次

クリックすると表示されます
〈目次抜粋〉
第一章 頭のまわりとその中味――帽子・頭のてっぺんにのせるもの/早稲田の角帽/ヘルメットの変遷/毛生薬にみる禿の一〇〇年
第二章 耳の一〇〇年――音の原風景/家の音・町の音/公の音・私の音/もの音・おとづれ/音の革命
第三章 目の時代――虫めがねと天眼鏡/水鏡・今鏡・明日鏡/見える不自由・「みる」自由
第四章 鼻――鼻をふさぐ道具の転変/匂いの生活小史/鼻の下の植物学・ヒゲは道具である
第五章――口のまわりの道具/唇の一〇〇年・口紅から霧吹きまで/楊枝から総植え歯まで/やわらかい道具・舌/喋る道具/切手貼りから眉唾まで/口に入れるものの変容

著者プロフィール

山口昌伴  YAMAGUCHIM Masatomo
生活学・住居学・道具学
1937年、大阪府八尾生まれ。京都。(伏見・下鴨)、岡山、彦根を経て1949年より東京在住。1963年、早稲田大学建築学科卒業。一級建築士合格、未登録。10年間、建築設計管理の実務を経て生活研究の道に。現在、GKデザイン機構、道具学会理事。日本生活学会編集委員。日本産業技術史学会理事。日本民具学会会員。坐る文化研究所長。
(本書より)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。