会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

デザイン書

アート

bar

あそぶ、つくる、くらす 〜デザイナーを辞めて彫刻家になった

bar
あそぶ、つくる、くらす 〜デザイナーを辞めて彫刻家になった  
拡大
  • ■商品名:あそぶ、つくる、くらす 〜デザイナーを辞めて彫刻家になった
  • ■著者:五十嵐威暢 プロデュース/森 博 撮影/岩田えり デザイン/粟辻美早 編集/浦川愛亜+小林佐絵子
  • ■価格:2,376円(本体2,200円+税8%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-191-3
  • ■本のサイズ:A5判/フルカラー96ページ
  • ■発売日:2008-03-24
amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

アートをつくる難しさは、
同時に作家の生き方が問われることだ。
つくることは自分と向き合い、自分を発見すること。
だから、つくることは生きることと同じ意味を持っている。

デザイナー時代の企業論理から解き放たれ、
子どものような感受性を取り戻し、
自由な精神で作品づくりに没頭する五十嵐威暢氏の
彫刻家としての世界観を
多彩な作品を紹介しながら解説。
イガラシ・ワールドをコンパクトに凝縮した一冊です。

目次

クリックすると表示されます
あそびから始めよう
(子どもたちとのワークショップ子どもの頃に培われたもの)
つくることは生きること
(記憶を留める「こもれび」身体がつくる「Landscape」自然の成り行き「予感の海へ」心の形「Horizontal Feeling」)
豊かなくらしのために
(アートを感じること秋谷のアトリエから)

著者プロフィール

五十嵐 威暢(いがらし たけのぶ)
彫刻家・デザイナー。
1944年、北海道滝川市生まれ。小学生の頃は工作少年として日々を過ごす。中学入学時に上京し、部活のブラスバンドに熱中。高校入学直前にデザインと出会う。多摩美大卒業後、カリフォルニア大学大学院に留学し、美術修士号を取得。1970年に東京で独立。デザイナーとして国内外で25年の活動後、本拠をロサンゼルスへ移し、彫刻家に転身。2005年、米国から帰国して、三浦半島の秋谷に住居とアトリエを構えた。代表作にニューヨーク近代美術館のカレンダー、明治乳業やサントリーホールのVI、地場産業の技術を生かした一連のプロダクト、立体アルファベット、札幌駅展望室のレリーフ「山河風光」、東京ミッドタウンの彫刻「予感の海へ」、滝川市一の坂西公園の彫刻「Dragon Spine」など。
http://www.igarashistudio.com/
(本書より)

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。