会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら
ツイッター

コンピュータ書

電子工作/ハードウェア

bar

プリント基板で作るPIC応用装置

bar
プリント基板で作るPIC応用装置  
拡大
  • ■商品名:プリント基板で作るPIC応用装置
  • ■著者:鈴木哲哉
  • ■通常価格:3,024円(本体2,800円+税5%)
  • ■キャンペーン価格:2,419円(本体2,240円+税8%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-247-7
  • ■本のサイズ:B5変形判/1色刷192ページ/専用プリント基板×1枚付属
  • ■発売日:2009-11-06
サポートページ amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

1本、1本、電線で配線する作業は、もうウンザリ!
そう、配線は、電子工作において「試練」といっても過言ではないのです。
そこで本書では、専用のプリント基板を設計し、付録としてバンドル!
マニアからビギナーまで、
配線の苦労なしに、8種類から最大24種類の応用装置が完成し、
電子工作の醍醐味を味わうことができます。
●本書で製作する装置
赤外線解析リモコン
温湿度計
数値表示装置
シリアル接続基板
USB接続基板
FT232RL基板
テレビ表示装置
情報収集装置

目次

クリックすると表示されます
1 製作の基本
2 赤外線解析リモコン
3 温湿度計
4 数値表示装置
5 シリアル接続基板
6 USB接続基板
7 テレビ表示装置
8 情報収集装置

読者レビュー

amazonカスタマーレビューより一部転載
★★★★
実践的なPIC学習の本
2013/02/18
カスタマーレビュー
マイコンと言えばPICが思い出されるくらい有名ですが、私はあまり使おうと思っていませんでした。PICの使い方をわかりやすく解説した資料を見つけることができなかったからです。ただ、完成品のArduinoやGainerを購入し、MacやLinuxで動かしながらいつかはPICを使ってみたいと思っていました。そんなときに見つけたのがこの本です。

当然のことながら、ファームウェアが書き込み済みである完成品のArduinoやGainerを動かすのに比べて、まっさらなPICを動かせるようにするのは、かなり敷居が高いことだと思います。また、私がMac&Linuxユーザであり、PICの開発環境を揃えるのが難しい状況にあることも、さらに敷居を高めていると思います。しかし、この本で紹介されているものには、Macでも容易に開発環境が構築できるものがあり、チャレンジしてみようという気持ちになりました。

秋月のサイトで資料をダウンロードし、自力で部品を集めました。(一部の部品は自宅に在庫があるので、あえてキットを買いませんでした)本書に基板が付属していますが、失敗することを考えて秋月で基板だけを購入しました。細かな手順が解説されているので、作りながらPICの動かし方を学ぶことができる実践的な本だと思います。

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。