会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

コンピュータ書

プログラミング

bar

はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版

bar
はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版  
拡大
  • ■商品名:はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP 改訂版
  • ■著者:鈴木 憲治
  • ■価格:3,758円(本体3,480円+税8%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-422-8
  • ■本のサイズ:B5変形判/フルカラー488ページ
  • ■発売日:2014-10-25
amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

本書は、2012年に電子書籍として達人出版会より刊行され、好評を得た『はじめてのフレームワークとしてのFuelPHP』の構成はほぼそのままに、2014年リリースのFuelPHP最新バージョン1.7.2に完全対応した、紙版の書籍です。

FuelPHPは、先行する多くのフレームワークを参考に、PHP 5.3の機能をフルに活用しゼロから開発されました。
特徴としては、最初からMongoDBやRedisをサポートし、RESTfulなコントローラをすぐに作成できることなどが挙げられます。
しかも、シンプルで覚えやすく、かつ、軽量高速です。
本書の目標は、フレームワークを使ったことのないPHPユーザが、FuelPHPを使いこなせるようになることです。
そのために開発をサポートするための開発環境の構築を丁寧に説明しており、フレームワークの基本から学習できるように構成されています。

FuelPHPをWindows、Mac OS X 、GNU/Linuxのそれぞれの環境でのインストールとNetBeansの使い方を解説した第1部。
FuelPHPを使ったコーディングの基本からユニットテストまでの主要な機能を紹介する第2部。
ブラウザから問い合わせを受けるためのページ「コンタクトフォーム」の作成を通じて、実際のWebアプリケーション開発の流れを示す第3部。
この3部構成により、フレームワーク初心者でもFuelPHPが使いこなせるようになる一冊です。

目次

クリックすると表示されます
[本書の構成]

はじめに

第1部 環境構築編
第1章 FuelPHPとは?
第2章 PHP開発環境の構築
第3章 FuelPHPのインストール設定
第4章 NetBeansの設定

第2部 入門編
第5章 はじめてのFuelPHP
第6章 FuelPHPのMVC
第7章 FuelPHPの機能概要
第8章 FuelPHPの拡張
第9章 FuelPHPでのユニットテスト

第3部 実践編
第10章 コンタクトフォームの作成
第11章 コンタクトフォームの改良
第12章 コンタクトフォームのリファクタリング
第13章 データベースの使用
第14章 管理ページの作成
第15章 コントローラのユニットテスト
第16章 コードカバレッジ解析

付録A 本番環境へのデプロイ時の注意点
付録B 参考文献

著者プロフィール

FuelPHPまとめWiki管理人。プログラマ。PHP5技術者認定上級試験認定者。
1999年より日常的にGNU/Linuxを使っている(現在、Ubuntuユーザ)。
Namazu Project、zaurus-ja、Usagi Projectなどさまざまなオープンソースプロジェクトに関わる。
FuelPHPをPHPの3大フレームワークの1つにしようと画策している。
著書に『PHP逆引きレシピ 第2版』『CodeIgniter徹底入門』(翔泳社)、『徹底攻略PHP5技術者認定[上級]試験問題集』(インプレスジャパン)、『Webサイト制作者のためのPHP入門講座』(技術評論社)などがある。

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。