会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

コンピュータ書

電子工作/ハードウェア

bar

Galileo Gen2で遊ぼう!

bar
Galileo Gen2で遊ぼう!  
拡大
  • ■商品名:Galileo Gen2で遊ぼう!
  • ■著者:米田 聡
  • ■価格:2,500円(本体2,315円+税8%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-410-5
  • ■本のサイズ:B5変形判/2色刷208ページ
  • ■発売日:2015-02-24
PDFダウンロード サポートページ amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

IntelのIoT(Internet of Things)戦略の先鋒、Galileo Gen2初の解説書。
Galileo Gen2は、インテルが新たに開発した組み込み向けSoC「Quark SoC X1000」を核に、X1000の応用を試せるようArduinoとも互換性を持つI/Oを備えたワンボードマイコン初代Galileoの機能を改良した2世代目です。
I/O系、電源系、外部通信系などが強化されたGalileo Gen2は、初代Galileoとは部分的に互換性がなく、ハードウェア面も異なります。
また、Galileo Gen2はArduino互換の開発環境が利用できて、Linuxをファームウェアとして採用していることから、Raspberry PiやBeagleBone Blackと同系列と思われがちですが、Galileo Gen2の場合はディスプレイが繋がらないので用途的にも異なるボードです。
勿論Arduino用拡張ボード、シールドは流用できます。しかし、Galileo Gen2が搭載するX1000は、ユーザーインターフェースの実装よりもデータの収集や集計、その結果をサーバに送ったり、というような役割を担うIoTの手足となるSoCです。
本書はGalileo Gen2の基本からカスタマイズまでを網羅した、Galileo Gen2の活用の幅を広げるための解説書です。

目次

クリックすると表示されます
[本書の構成]
Chapter1 Galileoを使ってみよう
Chapter2 GalileoのArduino互換機能・GPIOを利用してみよう
Chapter3 I2C、SPI、ADCを使ってみよう
Chapter4 Galileoをカスタマイズしよう
Chapter5 Linuxネイティブ環境でGalileoを利用しよう

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。