会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

コンピュータ書

bar

「明日からSlackを使って」と言われたら読む本

bar
「明日からSlackを使って」と言われたら読む本  
拡大
  • ■商品名:「明日からSlackを使って」と言われたら読む本
  • ■著者:向井領治
  • ■価格:2,100円(本体1,909円+税10%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-502-7
  • ■本のサイズ:A5/2C/336ページ
  • ■発売日:2020-03-25
サポートページ amazonで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

Slack(スラック)は、2013年に誕生したPC・スマホで利用できるチャットベースのビジネス用コミュニケー ションツールです。2019 年には日間アクティブユーザーが 1200 万人を突破し、メッセージに埋もれがちな メールにかわるコラボレーションハブとして注目されています。

圧倒的な使い勝手の良さ、さらにフリープランであっても、「直近のメッセージ 10,000 件にアクセス」 「Google ドライブやその他アプリなど 10 個連携」できるなど十分な機能を有しており、一般 企業や学校、サークルなどの情報共有ツールとしても導入が加速しています。

本書は、とくにITに詳しくない社会人や学生の方などを対象に、突然「明日からSlackを使うからよろしく」といわれても、ひととおりのコミュニケーションが取れるようになることを目標にしたSlackの入門書です。 また、いまはチャットしか使っていないものの、もう少し便利に使いたいというような方にも、機能から調べる逆引き辞典として使えるように配慮しました。 SLACK を利用すれば、数ある仕事が整理され、重要な業務に集中する時間を増やすことができます。

Slackには無料のプランと有料のプランがありますが、本書では無料でできることに限定して紹介しています。 それでも、独習や小さなチームでは十分便利に役立ちます。もっと大規模に導入して有料プランを契約することになっても、本書の内容が基本であることに変わりありません。 なお、本書はあくまでも技術的なことのみを紹介していきます。実際には運用ポリシーの策定や、チームリーダーによる雰囲気作りが重要ですが、これはSlack公式サイトの事例紹介などの生の声を参考にしてください。本書で基礎知識を踏まえた後にそれらを読むと、自分のチームではどうすればよいのか、イメージもできることでしょう。

連絡ミスの防止や、情報共有の低下を補うこともでき、テレワークでの導入も進んでいます。



【正誤表】
下記の誤りにつきまして、お詫び申し上げますとともに、訂正させていただきます。
________________________________________________________
p.4上から 1 行目
(正) 「明日からSlackを使って」と言われたら読む本
(誤) ノンプログラマーなMacユーザーのためのGit入門
________________________________________________________

目次

クリックすると表示されます
1章 Slackをはじめよう
Slackの特徴
「共有します」って、本当ですか?
気軽に話し、蓄積になる
必要な相手と情報共有する
ツールを連携する
クロスプラットフォームで使える
本書を読み進める前に
Slackを準備する
作業の概要
用意するもの、考えておくもの
利用する端末
無料プランと有料プラン
Slackを始める
Slackを終了する

2章 まず1人でやってみよう
基本的な画面構成
自分のプロフィールを設定する
自分のステータスを設定する
自分のログイン状態を設定する
自分にダイレクトメッセージを送る
メッセージを装飾する
絵文字を使う
送信済みメッセージを編集・削除する
画像を送信する
リマインダーを使う
Slackbotを使う
画面の色づかいを変える
ワークスペース管理のWebページを開く
ワークスペースのアイコンと名前を変える

3章 チームのメンバーに参加してもらおう
ワークスペース、チャンネル、権限
ワークスペースを追加作成する
メンバーを招待する
メンバーの招待を受ける
メンバーを管理する
自分のメールアドレスを変更する
カスタム絵文字を使う

4章 チームのメンバーとやりとりしよう
メンバー一覧を調べる
パソコンでメンバーのログイン状態を調べる
チャンネル
メッセージ
ダイレクトメッセージ
グループダイレクトメッセージ
メンション
通知
通話
スニペット
リアクション
スレッド

5章 そのほかの便利な機能
Googleドライブ
Googleカレンダー
Evernote
ワークスペースをカスタマイズする
下書きを保存する
スラッシュコマンドを使う
Slackbotのカスタマイズ

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。