会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

コンピュータ書

bar

PowerAppsではじめるローコード開発入門 PowerFX対応

bar
PowerAppsではじめるローコード開発入門 PowerFX対応  
拡大
  • ■商品名:PowerAppsではじめるローコード開発入門 PowerFX対応
  • ■著者:掌田 津耶乃
  • ■価格:2,750円(本体2,500円+税10%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-518-8
  • ■本のサイズ:B5変/352ページ
  • ■発売日:2021-05-24
サンプルデータのダウンロード amazonで購入
電子書籍をラトルズで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

ローコードの本命、マイクロソフトPower Appsを徹底解説

ノーコード・ローコードとは、名前の通り「コードを一切書かない、あるいはわずかしか書かずに開発をすること」です。業務用アプリは、同じような機能を実装している場合がほとんどです。
業務用データにアクセスし、CRUD (Create, Read, Update, Delete) といった基本操作を行えればそれでOK,というケースも多いでしょう。
そこで、「業務用アプリで必要になる処理」をパーツ化し、それらを組み合わせるだけでアプリを作成できるようにしたのがノーコードであり、ローコードです。

現在、ノーコード・ローコードの環境は世界で多数リリースされています。
では、いったいどれを使えばいいのか? 日本でも安心して利用でき、これから先もずっと使い続けられる、そういう環境は何か。 現時点で考えるなら、ローコード開発環境に関してはマイクロソフト社の「Power Apps」 が本命といっていいでしょう。ローコードでありながら非常に高機能で、マイクロソフト関連のサービスとも連携でき、しかも比較的廉価。PowerAppsなら、技術者でなくとも自分でアプリを開発で、きるようになります。

とはいえ、PowerAppsはとにかく高機能で、あるため、ローコードといえども本格的に使いとなすにはそれなりに知識と経験が必要になります。
そこで、「開発経験のない人でもPower Apps でアプリ開発ができるようにしよう」というのが本書です。
2021年3月、マイクロソフト社はオープンソースのローコードプログラミング言語「Power FX」 を発表しました。
PowerFXというのは、Power Appsで使われている数式の簡易言語をPower Apps以外にも広げるもので、本書はいちはやくPower FXに対応した内容になっています。

目次

クリックすると表示されます
Chapter 1 Power Appsを開始しよう
1.1. Power Apps を準備する
1.2. テンプレートでアプリを作る

Chapter 2 キャンバスアプリの基本をマスターする
2.1. Power Apps Studio の基本
2.2. データの接続と利用
2.3. 自作アプリでデータを活用しよう
2.4. データを利用するコントロール

Chapter 3 テーブルをマスターする
3.1. テーブルを作成する
3.2. テーブルを利用する
3.3. 自動生成されるスクリーンの活用
3.4. グラフの表示

Chapter 4 Power Fxをマスターする(1)
4.1. Power Fx の基本
4.2. よく使われる関数
4.3. 制御とテーブルのための関数

Chapter 5 Power Fxをマスターする(2)
5.1. 分岐処理
5.2. テーブルの利用
5.3. データテーブルの扱い
5.4. レコードの操作

Chapter 6 コンポーネントの活用
6.1. コンポーネントの基本
6.2. カスタムプロパティ
6.3. パラメーターと関数コンポーネント

Chapter 7 モデル駆動型アプリの作成
7.1. モデル駆動型アプリとモデルの用意
7.2. モデル駆動型アプリの作成

Chapter 8 ポータルの作成
8.1. ポータルの作成
8.2. Liquid によるコンテンツの作成

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。