会員登録 MYページ

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら

カートへ
ラトルズの書籍

商品検索

ご質問ご意見はこちら ラトルズでのご購入はこちら

関連書籍

ツイッター

電子書籍

bar

【電子版】Office ScriptによるExcel on the web開発入門

bar
【電子版】Office ScriptによるExcel on the web開発入門  
拡大
  • ■商品名:【電子版】Office ScriptによるExcel on the web開発入門
  • ■著者:掌田 津耶乃
  • ■価格:2,500円(本体2,273円+税10%)
  • ■ISBNコード:978-4-89977-522-5
  • ■本のサイズ:PDF版/1C/320ページ
  • ■発売日:2021-10-25
サンプルデータのダウンロード amazonで購入
電子書籍をラトルズで購入
紙の書籍をラトルズで購入

内容

「Excel は Web で使う」時代がやってくる!

現在、あらゆるものはローカル環境 から Web へとシフトしつつあります。そんな中、未だに「アプリケーションをインストールして使う」ソフ トの代表とも言えるのが「Excel」です。 Web 版 Excel に、2021年5月に「Office Script」というマクロ言語が搭載されました。これにより、Excel を自動化することができるようになりました。
本書ではOffice ScriptのベースとなっているTypeScript(JavaScriptを拡張したものです)の文法から、Excelのセルやグラフ、テーブルなどの操作まで細かく説明をしています。

そのほか、Power Automate というiSaaS(Integration Software As A Service、サービスの統合化)ツールを使い、 外部とやり取りする方法まで触れています。
新しい言語の「Office Script」を誰よりも早く学ぶチャンスです。

目次

クリックすると表示されます
Chapter1 Office Scriptの基本
1-1 Office Scriptを使おう
ExcelとVBA
「Webの時代」の到来!
Office Scriptの登場!
すべてはWebへ!
Microsoft 365に登録する

1-2 Web 版 Excel を使ってみよう
officecomにアクセスする
Excel on the webを起動しよう
マクロを記録しよう
マクロはどうなっているの?
コードエディターについて
エディターのメニュー
マクロの保存場所
Office Script 機能の管理


Chapter2 TypeScriptの基本
2-1 値の基本
TypeScriptを使おう!
値と変数
計算をさせよう
型の変換
配列について

2-2 構文を使おう
制御構文について
if による分岐
switch文による分岐
while 構文による繰り返し
for構文による繰り返し
for-in による配列の処理

2-3 関数を使いこなそう
関数とは?
関数を利用する
引数を使う
戻り値を使う
省略可能な引数
複数の型を使える引数
複数の値を扱う「タプル」
関数は値だ!
引数に関数を使う
関数の型を厳密に指定する
アロー関数について

2-4 オブジェクトとクラス
多くの情報を1つにまとめる
メソッドを追加する
クラスを使う
コンストラクタを使う
継承について
静的メンバについて
インターフェースについて
総称型について
これより先は TypeScript の専門書で!

Chapter3 スプレッドシートの基本操作
3-1 ワークブックとシート
main関数の基本
ワークシートについて
すべてのシートを操作する
ワークシートの作成と削除
セルの操作
セルと「Range」クラス
複数セルの値の操作
特定の範囲を指定する
行単位・列単位の操作
複数の Range と RangeAreas

3-2 セルのさまざまな属性
Range と RangeFormat
RangeFormatの主な属性
背景を管理する「RangeFill」クラス
getFont と RangeFont
罫線とRangeBorderクラス

3-3 セルを使いこなそう
オフセットによる移動
セルの範囲を扱う
隣りのセルを操作する
縦横に選択された範囲の利用
セルの上下左右を一定幅取り出す
表示形式の指定

3-4 セルとシートの編集
セルのコピー&ペースト
コピーする項目を指定する
別のシートに複製する
セルの消去
セルの削除
列・行の削除
セル・行・列の挿入

Chapter4 数式・条件付き書式・検証
4-1 数式とオートフィル
数式= PowerFX
合計とSUM
getColumnsAfter/getRowsBelow を使う
setFormulaR1C1 によるフォーミュラ
A1形式とアドレス
セルのオートフィル
複数列に対応したオートフィル
数式の再計算について

4-2 条件付き書式の利用
ConditionalFormatによる条件付き書式
IconSetによる条件付き書式
条件付き書式の管理と消去
DataBarによるデータバーの設定
ColorScale によるカラースケール
cellValue による数値のチェック
ContainsText によるテキストのチェック
topBottomによる上位・下位の項目設定

4-3 バリデーションによる値の検証
検証とDataValidation
ルールの設定と DataValidationRule
decimal/wholeNumberによる数値の検証
設定した検証ルールの削除
入力時のプロンプト表示
エラー時のアラート表示について
テキストと textLength
date/timeのルール
listによる選択肢の入力
カスタムルールの設定
検証結果をチェックする

Chapter5 グラフと図形
5-1 グラフの基本
シートとグラフ
グラフを作成する
セルで位置と大きさを指定する
グラフの位置と大きさについて
シートにあるグラフの利用
グラフのタイトル
タイトルの表示を操作する
タイトルのフォーマットについて
凡例の表示について
凡例のエントリーについて

5-2 グラフの操作
グラフの種類の操作
グラフの軸方向
グラフの軸とChartAxes
グラフのプロットエリア
グラフのデータ系列とChartSeries
データのラベル表示
グラフ自動化の必要性とは

5-3 図形の利用
シェイプと Shape
セルにピッタリと合わせて図形を作る
すべての図形を操作する
図形の塗りつぶし
16進カラーの設定
線の設定
その他の図形の機能
直線の描画

5-4 テキスト表示と画像
テキストボックスの利用
TextFrame と TextRange
テキストボックスのテキストを操作する
tryについて
イメージの表示について
fetch 関数について
ネットワーク経由でイメージを取得する
Shape はアイデア次第

Chapter6 テーブルとピボットテーブル
6-1 テーブルの利用
テーブルの基本
テーブルを作成する
テーブルの取得
テーブルスタイルの設定
テーブルスタイルは作れる?
Tableの基本的な設定について
行の追加
列の追加

6-2 テーブルのフィルター利用
Filter と AutoFilter
オートフィルターの設定
FilterCriteriaの作成
valuesによる値のチェック
数値を使ったフィルター処理
カラーを使たフィルター
アイコンセットによるフィルター処理
カスタムフィルターについて
複数条件の指定
フィルターの削除

6-3 ピボットテーブルの利用
ピボットテーブルとは
PivotTableの作成
フィールドと階層
階層を操作する
値の集計方式
値の表示ルール
集計表示とレイアウト

6-4 ピボットテーブルのフィルターとスライサー
ピボットテーブルのフィルター設定
ラベルフィルター
値フィルター
スライサーの利用
スライサーの選択状態
スライサーの項目

Chapter7 Power Automateとの連携
Power Automate の基本
Power Automateとは?
Power Automateの画面構成
ワークブックを用意する
テンプレートを使う
フローの編集画面
接続するテーブルを設定する
フローをテストする
フローの管理
作成したフローを実行する

7-2 フローと Excel 操作の基本
手動で動くフローを作る
新しいステップを作る
フローを実行する
Excelのデータを送信する
入力したテキストを投稿する
新しいフローを作成する

7-3 フローとマクロの連携
フローからマクロを実行する
指定の番号のデータを取得する
get row dataを実行するフローの作成
スクリプトからデータを受け取る
フローで戻り値を受け取るには?
typeでタイプを定義する
行データを受け取るフローを作成する
Excel から直接フローを実行したい!
Microsoft Flow of Excelを追加する
Excelから実行するフローを作る
Excelからフローを実行する

7-4 多数のデータを処理する
配列データを処理する
自動的に実行させるには?
OneDriveのファイルリストをExcelで管理する
Excel側の準備
ファイルリスト取得のフローを作成する
RSSデータを受け取る
Excel側の処理を行う
RSS受信フローを作成する
フローはマクロ次第でパワフルになる


COLUMN
Web版Excelの名称は?
TypeScriptはJavaScriptの仲間
文の終わりは改行かセミコロン
13750.000000000002の秘密
配列とコレクション
値を返さない戻り値は「void」
FillPatternは「列挙型」
背景パターン指定について
A1形式のアドレスについて
setAxisColorの問題
textLengthも「BasicDataValidation」
項目軸のsetMajorUnitは「1」
テーブルスタイルはデスクトップ版で!
階層は削除しないの?
「↓」にある「+」アイコンは何?
Dateが数字になる?

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。